東京スーパー銭湯

東京スーパー銭湯/源泉かけ流し人気!さやの湯処の情報と口コミ

2015-01-14_125927

関東・東京のおすすめスーパー銭湯情報。今回の記事は、【さやの湯処】です。

出典:https://www.sayanoyudokoro.co.jp/

公式HPhttps://www.sayanoyudokoro.co.jp/
入浴料大人:830円/子供:520円
土日祝は大人1030円 /子供:720円
泉質塩化物泉 / 加温&かけ流し
お風呂内湯:高濃度炭酸泉/立ち湯/寝湯/腰掛け湯
露天:露天風呂/つぼ湯/寝転び湯
サウナ熱気風呂(ドライサウナ)/薬草塩蒸風呂(スチームサウナ)
岩盤浴料720円 (時間制限ナシ・中学生以上のみ)
岩盤部屋春/夏(天寿石、不老石、ゲルマニウム石))/秋(薬宝玉石 )/冬/
館内施設食事処/手もみ処/うたたね処/アロマテラピー/貸個室
営業時間10:00~25:00
アクセス都営三田線 「志村坂上」駅  A2出口より徒歩8分

 

『さやの湯処』の中はこんな感じ

お風呂

都内で本格的な温泉が楽しめるとあってメディアでも積極的に取り上げられてる人気のスーパー銭湯です。

露天風呂の一部が、源泉かけ流しでうぐいす色をした綺麗な色の温泉として有名です。

この泉質は、塩化物泉で 塩気を多くふくんだナトリウム風呂。

通常、塩化物泉は 茶色がかった透明の黄色のお風呂になる事が多いのですが、ここのお風呂は、源泉をそのまま引き空気に触れたばかりのお湯のためこんな白濁した色になるのだとか。

ちなみに、同じ露天風呂にあるつぼ湯の色を見てみると・・・・黄色で透明な色。都内ではこのお風呂の色の方が馴染み深いように思います。(都内の温泉はほとんどがこの塩タイプなのです。)

冬場には加温されてしまうようですが、それ以外の時期なら、温泉そのままの本当のかけ流しを楽しむ事ができます。

内湯は、立ち湯や寝湯に、腰掛湯といったアトラクション系風呂が中心です。メインの温泉は、外で楽しめるようにとの配慮なのかも。

2015-01-14_130248
出典:http://azunee.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-cace.html

岩盤浴・サウナ

サウナは、乾式の高温サウナと漢方薬草を使ったスチームサウナの2種類があります。

岩盤浴は四季をテーマにした4種類とありますが、ひとつは冬テーマの冷えた部屋もう1つは春がテーマのごろ寝の畳部屋タイプなので実質は、夏と秋の2種類になります。

都心では珍しく、時間制限を設けてなくて何度でも入る事ができるところも魅力のひとつです。

施設や見どころ

リラクゼーション系設備は、手もみ、アカスリ、アロマテラピーの3種類です。

ご飯処は、御膳ものや、御造りなどの手作り感のある料理が楽しめる事ができ、もともと邸宅であったのを改装して作られているので、苔庭や、庭園の風景を楽しめる まるで京都に来たかのような雰囲気です。

2名から利用できる個室席(別途料金) も完備してるので、カップルでのデートや、 子供連れのファミリー利用でも重宝しそう。

施設は、旅館風の落ち着いた雰囲気なので、漫画コーナーやゲームコーナーはありま大人の休日的な雰囲気を楽しむならこの場所がベストですね。

・・・・ただし、メディアで多く取り上げられたせいか休日ともなると相当数の利用されてる方々で賑わいます。可能であれば、平日の利用がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

さやの湯処の口コミ

 

スポンサードリンク

 

同じカテゴリ「 東京スーパー銭湯 」内のおすすめ記事



スポンサードリンク


サブコンテンツ