岩盤浴ネタ

岩盤浴に何回も行って判明!疲れをとり効果を最大限にあげるコツ

2014-11-18_151403

ほぼほぼ週1ペースで岩盤浴に行ってる僕なりに感じたり
行動したりしてる岩盤浴の効果を最大限にあげるコツをまとめてみます。

 

ポカリで水分補給 (自分に合うヤツで)

岩盤浴に入る前や入ってる間の水分補給は欠かせません。
いろんなスポーツドリンクを(たまにコーヒー牛乳とかも・・・)試してみた結果、
やっぱり一番飲んでて水分補給できてる感が強いのはポカリでした。

ポカリで水分摂って、
中の悪い汗?をギュウギュウと押し出してくれてるイメージ(あくまでイメージ)。

思い込みかもしれませんが、
自分にとって合いそうなドリンク補給はやっぱり大事だなーと感じます。

ちょっと高めのデトックス系ドリンクも試してみましたが、
そもそも味が合わず、リラックスもできずで僕はダメでした。

 

 

さんまの塩焼きのイメージ!

岩盤浴は遠赤外線の効果でじわじわと身体の中から
じんわりと温めてくれて、ドバドバ汗を出してくれます。

詳しくははじめての岩盤浴の入り方の記事もどうぞ。

じわじわ石の上で温められてる様子は、
炭火の上でふっくら焼かれてるさんまの塩焼きのイメージそのもの。

自分がさんまになったつもりで、
岩盤の上にぴたっ!とくっついて表面(うつ伏せ)、裏面(仰向け)と
じっくりとひっくり返りながら温まります。

仰向けの時に足を曲げたり浮かせてしまうと、
せっかくの遠赤外線パワーを逃がしてしまいそうなので
なるべく体を設置させて熱を全面に受けるように心がけてます。

無理は厳禁ですけど。

 

スポンサードリンク

 

 

ドアからなるべく離れた位置に陣取る

岩盤浴の部屋の中では なるべくドアから離れた位置で寝転がるようにしています。
ドア付近は2重扉にはなっているものの、
やはりドアが開くたびに温度が変化していくので、
イマイチ集中して寝転がる事ができません。

逆に、岩盤浴初心者の人は 定期的に 外の涼しい風がやってくるので入口付近の方が快適かも。

 

岩塩タイプより、岩盤タイプの方がリラックスできる

ここは個人差あると思いますが、
僕の場合は岩塩のように石がゴロゴロと転がってる岩盤浴よりも
一枚岩の上に寝転がる方がリラックスできます。

ほとんどの場合、岩塩タイプの方が温度が高めに
設定してるので あまり長くゆっくりできないという事もあるのですが・・・
『リラックス』 という意味で考えると、
人がとおるたびにジャリジャリと激しい音のする岩塩タイプは いまいちゆっくりできない印象があります。

いい感じに何も考えずぼーっとしてきたところに・・・
いきなりジャリジャリ音が聞こえると一瞬で現実に戻され せっかくのリラックスモードが台無し。

僕のように神経質な人で、
でもゆっくりしたい・・・という人は一枚岩の岩盤浴が安心です^^;
(ちなみに、なぜかそんなに人もいない事もリラックスしやすい)

 

汗はふかない (最初だけふく)

美肌効果を望みたいならここも必須かも。
始めにでてくるドロドロ汗は、不純物が多いとの事でふいちゃっても良さそうですが
後からでてくるサラサラの汗は天然の化粧水ともいわれるほど お肌にとっても良いものらしいですね。

試しに一切汗を拭かず、
自然乾燥させてみると お肌ツルツルで若干きもいです。(男なので)

女性なら、ここは絶対やるべきポイントでしょう。

 

スポンサードリンク

 

同じカテゴリ「 岩盤浴ネタ 」内のおすすめ記事



スポンサードリンク


サブコンテンツ