水素風呂

水素風呂がパンパンな足や顔のむくみに効果的な3つの理由

4

水素風呂に入る事で、むくみ解消に効果的と言われる原因についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

水素由来の血流改善作用

むくみは不要な老廃物がリンパや細胞のスキマに貯まってしまう事。

この場合は、座ったままや立ちっぱなし等、同じ姿勢を続けてしまう事が要因でむくみが発生します。

また、女性に多いのが慢性的な冷えによるもの。もともと筋肉量が少ない事や、ホルモンバランスの影響で男性よりも冷え性が多いと言われています。

冷え性になると、血行の流れも悪くなり、老廃物も溜まりやすい状態となって、これもまた むくみの要因となっています。

水素風呂に入ると、体内の活性酵素を除去する働きがあると言われています。

活性酵素が増えるとドロドロ血液の要因となってしまいますが、水素がこの活性酵素を除去する事によって血流を改善する効果が期待できます。

この血流改善によって、老廃物も溜まりにくい状態となり、むくみ解消の手助けになると考えられています。

 

お風呂自体の温熱効果によるもの

水素由来の血流改善効果と共に、お風呂に入る事自体の温熱効果によって血行がよくなります。

血行がよくなりつつ、身体の冷えも改善されるため、冷え由来のむくみには効果的です。

ただ、この温熱効果由来のむくみ解消については、特に水素風呂な必要はなく、一般的な湯船でも同様の効果があると言えます。

「水素風呂を始めた」という事が、今までシャワーだった入浴が、しっかりお風呂に浸かる行動につながり、結果として血行改善、冷え改善、むくみ改善という相乗効果に繋がるケースは考えられますね。

 

睡眠不足解消の副次的効果

顔のむくみは、寝る前の水分やアルコールの摂り過ぎが多く、また睡眠不足や睡眠の質が悪い事でも起きると言われています。

睡眠の質を上げるには、深部体温を下げる事が有効とされていて、実際に質の高い睡眠を得ている時には、深部体温がぐぐっと下がっています。

この深部体温を下げる方法として寝る前の入浴がとても有効で、予め深部体温を上げておく事で、その反跳作用として、寝るタイミングで深部体温を下げる事が可能です。

タイミングとしては、寝る2時間前程の時間で、20分程度の39〜40℃程度の温めのお風呂に浸かる事が効果的とされています。

 



「同じカテゴリ水素風呂」内の人気記事ランキング



スポンサードリンク


サブコンテンツ