水素風呂

水素風呂に入るとたっぷり汗をかいて、汗の匂いも抑える?

4

水素風呂に入ると「汗」に対して、2つの効果を実感できるようです。

 

スポンサードリンク

 

発汗作用があがる

水素風呂の入る事で「たっぷりと汗をかいた!」と実感する人がとても多いようですね。

単純に温熱作用によって、発汗が促進されている事もありますが、水素風呂ならではの理由としては、水素の血流改善効果によるものと言えます。

身体の老化の大きな要因となっているものが活性酵素で、紫外線を浴びる事などが要因で身体のいたる所に蓄積されていきます。

これは、血液の中でも同じ事が起こっていて、活性酵素が増える事で、血液がドロドロになり血液の流れが悪くなってしまいます。

水素水は、この活性酵素を除去する力が強く、水素水を取り入れる最も大きなメリットになっています。

水素風呂に入る事で、この活性酵素を除去する力が働き、血流が改善される事で血の流れが活発になります。その結果、普段よりしっかり流れる分、それだけ汗をかきやすい状態となっているのです。

ただ残念ながら、水素風呂に入って汗をかきやすい状態になっても、それによって痩せる事はありません

サウナ等で大量の汗をかいても、一時的に身体の水分が失われているだけで、痩せ効果がない事と同様です。

▶関連:サウナで痩せない理由・ダイエット効果のある入り方とは?

関連記事で紹介しているように、水素風呂に入りつつ、ヒートショックプロテインを利用したお風呂の入り方をする事で、「痩せやすい体質」にする事は可能です。

 

汗の匂いを抑える

お風呂に入っている時の汗とはまた少し別の話ですが、水素風呂に入る事で体臭の要因となる汗の匂いを押させる働きも期待する事ができます。

汗は汗腺からでてくるものですが、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2つの種類があり、それぞれが出てくる汗の性質には違いがあります。

▶関連:水素風呂が体臭や加齢臭の対策改善に効果的な理由とは?

水素水は「活性酵素を除去する」という効果がありましたが、これは「酸化を防ぐ」という事にも繋がっています。

2つの汗腺のうち、アポクリン腺から出る汗は、酸化する事で体臭の要因になります。

水素風呂に入る事で、このアポクリン腺由来の汗の酸化を抑える事で、汗の匂いを抑える事ができると言う仕組みです。

 



「同じカテゴリ水素風呂」内の人気記事ランキング



スポンサードリンク


サブコンテンツ