水素風呂

水素風呂が肩こりや腰痛に効果が期待できる3つの理由

5

水素風呂に入る事によって、肩こりや腰痛改善に効果が期待できる理由をまとめました。

photo by Steven Leonti

 

スポンサードリンク

 

血行の改善

水素は他の成分と比べてかなり細かな分子です。そのため、細胞の隅々まで入り込む事ができ高い浸透率を誇ります。

近年の研究発表によると、水素には血管の拡張や血流改善の効果が報告されています。これらの水素の効果によって、体内の血流が改善され、血行が良くなる事で肩こりや腰痛の改善の助けになると考えられています。

 

乳酸を抑える

肩こりや腰痛の大きな要因となるもののひとつが乳酸です。疲労物質である乳酸は、エネルギーとして使われなかったものの残留物で、量が増えすぎると血行やリンパの流れが悪くなりまわりを圧迫し、その結果として肩こりや腰痛の要因となります。

素はこの乳酸が上昇するのを抑えてくれる作用もあります。乳酸対策には「血行をよくすること」も重要ですが、水素は先に紹介したとおり血行改善の効果も期待できるため、ダブルで良い影響を与えている事が分かります。

 

抗炎症作用によるもの

水素は強い抗酸化力を持つ成分としても有名で、この効果によって「抗炎症や鎮痛効果もある」として、多くの研究や論文が発表されています。これらの論文を要約すると、炎症の素となる活性酵素を除く事で、炎症を抑える事ができるというものです。

水素が持つこれらの抗炎症作用は、肩こりや腰痛に対しても有効と言われ、整形外科や専門医でもその作用に注目されるほどのもの。その理由としては、「生理活性成分の作用を抑えない」ためです。

活性酵素が増加すると生理活性成分も増加し炎症の素となるため、例えば「ステロイド剤」等はこの生理活性成分を抑える事で炎症を抑える働きがあります。

一方で、生理活性成分は人の生命活動の様々な機能を調節するのに欠かせない成分でもあり、不足する事で様々あな弊害をもたらしてしまいます。

水素は、この生理活性成分は減らさずに大元の活性酵素だけを除去するため、副作用がほぼなくなります。これが水素が専門医の間でも注目される理由です。

 



「同じカテゴリ水素風呂」内の人気記事ランキング



スポンサードリンク


サブコンテンツ