未分類

意外と知らない・水素風呂が冷え性改善に効果的な2つの理由

5

水素風呂に入る事で、冷え性改善が期待できる理由には、次のようなものがあります。

 

 

血行改善によるもの

水素風呂や水素水の一番の効果は、体内の活性酵素を除去してくれる作用です。

体内の活性酵素は「老化」の原因とされていて、肌のしみやくすみ等の外見的な部分の要因となる他、血液をドロドロにしてしまう事で、身体全体の老化の原因にもなってしまいます。

冷え性に関しては、この「血行が悪くなる事」が多きな要因で、血の巡りが悪くなる事で手足の抹消血管まで十分に血液が行き届かなくなり、冷えの要因となっています。

水素風呂に入る事で、血行を改善する事で、この血流の悪さ由来の冷え性に対して有効に働くと考えられています。

 

自律神経改善によるもの

冷え性の大きな要因となっているのは、血行が悪い事ですが、血行を悪くしてしまう要因に自律神経の乱れがあります。

自律神経は心臓や内臓等、人の意思とは関係なく自動的に働いている神経で、欠かす事のできないもの。

自律神経が乱れると、血管の収縮や拡張等の必要な作用も異常をきたし、血流悪化の要因となります。

自律神経が乱れる原因は、ストレスや生活習慣の乱れ等が主な要因ですが、女性の場合にはホルモンバランスの影響も指摘されています。

この自律神経改善には、入浴が有効な方法のひとつで、リラックス効果によってストレスを発散できる事と、深部体温を調節する事で眠りの質を上げる効果も期待できます。

特に睡眠の質を改善する事は、自律神経の乱れを正すのに有効とされていて、入浴と睡眠の2つの作用で相互に正常な状態に戻すサポートが可能です。

ただ、この効果自体は水素風呂に由来するものではなく「水素風呂に浸かる」という新たな行動によって、入浴習慣がついた事による副次的な効果と考えられます。

 

同じカテゴリ「 未分類 」内のおすすめ記事



スポンサードリンク


サブコンテンツ