岡山スーパー銭湯

岡山のスーパー銭湯・瀬戸内温泉 たまの湯へ行った感想&口コミ

いつもよりもちょっと贅沢な気分で温泉(お風呂)を楽しみたい!

そんなあなたには「瀬戸内温泉 たまの湯」がオススメです。高級感ある雰囲気で、のんびりと過ごせる空間が工夫されています。

また隣接にキャンプ場があり、ちょっとした旅行にピッタリです。

今回は、実際にたまの湯へ行ってきた感想を中心に施設情報を紹介します。キャンプ情報もピックアップしているので、訪れる参考にどうぞ!

 

瀬戸内温泉 たまの湯の【基本情報】

まずは基本情報から紹介します。たまの湯の営業時間や料金はこちら↓

公式HPhttps://www.seto-tamanoyu.jp/
入浴料
  • 大人:1,600円/子供(小学生以下):650円/会員:1,300円
  • 土日祝は大人:1,900円 /子供:750円/会員:1,600円
  • 岩盤浴は500円(50分)
営業時間10:00~23:00(最終受付 22:00)
定休日第3火曜日(※祝日の場合は翌日)
アクセス
  • JR宇野線「宇野」駅から徒歩5分
  • 山陽自動車道「岡山」ICから国道30号経由で約1時間

宇野駅から徒歩5分にある日帰り温泉施設「瀬戸内温泉 たまの湯」。高級感旅館のようで、出迎えてくれる珍しい施設です。

平日でも大人1,600円とちょっと高めの値段。でも、施設内はかなりキレイなので落ち着ける空間です。サクッとお風呂(温泉)を楽しむよりも、ゆっくり過ごしたい人向けです。

では次の項目で、詳しい情報を紹介していきます。

スポンサードサーチ

 

館内の雰囲気はどんな感じ?

まずは気になる館内の雰囲気ですが、高級旅館をうたっているだけあって本当にキレイです。

エントランスはこんな感じ↓

和の落ち着いた雰囲気なので、誰でもホッとできる空間です。

ホームページでは着物の女将さんがお出迎えするスタイルだったので期待して訪れたところ…女将さんではないですが受付スタッフとは別にお出迎えする人がいました。

まるで旅館にきたような雰囲気になれましたよ。

館内のマップはコチラ↓

1階はマッサージや休憩室、食事処です。2階にお風呂と岩盤浴があります。

どんな感じだろう…とキョロキョロしながら、一番奥にある2階に通じる階段に到着。(エレベーターもあります。)

 

お風呂やサウナはどう?

お風呂の写真はないのですが、大浴場は洗い場と内湯が2つ。それぞれ熱めとぬるめのお湯です。

土曜日の夜に訪れた時は、内風呂の一つがバラ風呂でした。(女湯だけ)次の日に入ったら普通に戻っていたので、イベント湯だった可能性大。

露天風呂の浴槽は全4つです。寝湯もある大きな露天風呂、一番海に近い浴槽、陶器風呂。男女の浴槽のつくりが若干異なります。

ここの源泉は舐めたらしょっぱい「カルシウム・ナトリウム塩化物泉」です。透明のお湯で、ケガしている場所はしみて痛かった。(※どのお風呂も同じ源泉

長時間入っているとのぼせやすいので、風にあたりながら半身浴するのがオススメです。源泉の温泉を独占できる陶器風呂もかなりぬるいお湯。長時間独占したくなるほど良いお湯でしたよ。

またサウナは内湯と露天に「スタジアムサウナ」と「塩サウナ」を完備。

熱さはもちろん、湿気や水風呂も完璧です。サウナもオススメ!

スポンサードサーチ

 

アメニティについて

料金が高い施設ってアメニティの充実さも大事ですよね。

シャンプー、リンス、ボディーソープは2種類あり、女湯にはメイク落としと洗顔ウォームもありました。

洗い場は、個人のスペースとつながっているスペースが約8名分ずつ。個人のスペースの椅子は少し高めのモノを設置していました。足が悪い人にも安心して使えますね。

化粧水や乳液はPOLAのモノ↓

歯ブラシ等のアメニティは別料金です。

でもタオルやシャンプー、化粧水など、一通り揃っているので手ぶらで訪れても大丈夫!

また、水飲み場は脱衣所と内湯にそれぞれ1箇所ずつあるので、休憩しながらお風呂が楽しめます。

 

お食事処は美味しい?

お食事処は1箇所だけ(軽食スペースは別途あり)。フロント〜お風呂場へ行く途中にあります。

カウンター席やテーブル席、個室を完備。

個室はありますが、コース料理がセットされていたので、おそらく事前申し込みが必要です。

当日ふらっと訪れるなら、カウンターORテーブル席になります。ヨットハーバーの景色が望め、旅行気分にピッタリです。

11時スタートですが、休日はあっという間に満席になるので早めの時間を狙うのがオススメ!

気になるメニューは、お魚を中心とした和食です。

写真を撮るのを忘れましたが、食べたのは鯛めし御膳と玉乃膳、天ざるうどん、お子様プレートの4つ。

一番お得だと思ったのは、玉乃膳です。1,800円でお刺身や副菜が4種類、デザート付き。優しい味付けにほっこり出来ますよ。

スポンサードサーチ

 

休憩室は…?

ここは休憩室が充実です。

1階にはテレビ付きリクライナー約20席、2階にはゴロンと寝転ぶスペースの2箇所あります。他にも女性専用スペースも。

雑魚寝コーナーはこんな感じ↓

目の前には海が広がり、クッションやひざ掛けも自由に使えます。

お部屋を出た所に、2000冊ほどの漫画コーナーも設置。メジャーなラインナップなので、ちょっとした暇つぶしにオススメです。

 

キャンプ場ってどんな感じ?

いつからキャンプ場が隣接されたかは不明ですが、ここ1〜2年の間のはず。

フリースペースはなく、区間スペースのみです。

スーパー銭湯「たまの湯」の真横に位置し、目の前は海です。

しっかり区画が分かれているので、安心して使えるキャンプ場。上写真の大きなテントの横あたりに自動販売機や洗い場、トイレが設置されています。

キャンプ料金に入浴代も込み。基本は前日の夜のみですが、招待券を貰えたので次の日も利用できました。

洗い場にはスポンジや洗剤があったり、穴場スポットなので土日祝でも混雑しないのは◎。

近くにスーパーもあるので現地で食材をゲット出来るのも嬉しいポイントです。(※焼き肉のラインナップは微妙なので持参した方がいいかも)

あと、元々駐車場スペースっぽい土地なので、草の下はゴツい石がゴロゴロ。ペグを打つときに強度の強いモノを持参するのがオススメです。

スポンサードサーチ

瀬戸内温泉 たまの湯の口コミ

スポンサードサーチ

同じカテゴリ「 岡山スーパー銭湯 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ