入浴剤

意外に簡単にできる!「バスボムの作り方」レシピ&動画解説

LUSHで有名なバスボム(入浴剤)。自分でも簡単に手作りで作れる事を知っていますか?自作のバスボムは自分好みの香りをつけて楽しみましょう!

 

バスボム作りに必要な材料

バスボムを作るのに最低限必要なものが次の3種類

  1. 重曹
  2. クエン酸
  3. 片栗粉orコーンスターチ

ふくらし粉ともいわれる重曹は、入浴剤の原料として使われてて皮脂や角質を取り除いてお肌をツルツルにしてくれる効果があります。

「 クエン酸」は、レモン等の柑橘系のものに含まれてる成分。抗菌や殺菌効果もありますが、お風呂に入れて使うと疲労回復効果が期待できます。片栗粉は、作ったバスボムをまとめやすくするために使用。

これら3つをベースにしながら精油(エッセンシャルオイル)を数滴垂らして固めていくというのが基本の作り方です。

中に「花びら」等を入れると、LUSHにあるようなおしゃれなバスボムも自作する事もできますよ。

 

バスボムの作り方

バスボムの作り方は簡単。材料を全て入れて、ヘラなどで良くまぜながら少しづつ水を加えて練っていきます。水の量がポイントのようで、ごくごく少しづつ様子をみながら加えていくのが失敗しないコツ 。

練ったバスボムの材料を好きな型に押し入れて、そのまま半日から1日寝かせます。乾燥後に型から取り出せば完成です。

 

専用キットを使う方法も


バスボムラボ

バスバムラボは、その名前のとおり「バスボム」を簡単に作れる専用キット。本体に材料を入れて混ぜて、ギュッと押し固めるだけの簡単操作です。

中には「バスボムのレシピブック」も入っているので、応用する前の「基本」を学ぶ事が可能。

スポンサードサーチ

どんなバスボムを作った?

 

スポンサードサーチ

同じカテゴリ「 入浴剤 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ