入浴剤

冷え症の悩みにおすすめ!評価が高い「入浴剤」ランキング

2

冷え性気味の体質の人へ。身体を芯から温めてくれるおすすめの入浴剤を紹介します。ホットな入浴剤選びの参考にしてみて下さい。

photo by wiley photo

6位:オリヂナル薬湯 しょうが

2015-01-03_124509
オリヂナル薬湯 しょうが 750g

生姜やウイキョウ、チンピ等のエキス配合の入浴剤です。しっかりと生姜の香りがして、まるで”しょうが湯”にそのまま浸かっているかのよう。お風呂の色は、白濁したにごり湯になり、色と香りと天然成分でじんわりと温まる事ができます。

人工ならではの作られた匂いではないこだわり系の入浴剤を探してるなら試してみても良いかも。(逆に、この香りが苦手という人もいます。好みは分かれる入浴剤です。)

 

5位:パインハイセンス

2015-01-03_125641
【高陽社】パインハイセンス 3缶セット 薬用入浴剤

パインの名前のとおり、 松の葉の油をを配合した入浴剤です。松葉油の働きによって、つるつるとお肌になる保湿効果も期待できます。お風呂の色は、綺麗なグリーンの色になります。(着色系の)ウッディな香りが特徴的で、どちらかと言えば男性好みの香りかもしれません。

おしゃれな香りのバスソルトが多い中、お父さんはこっちが好みという場合が多いようです。肝心の身体の温まり具合はかなり多くの人が実感しているようでいろいろ使ってみたけど、やっぱりこれが一番温まるという事もありました。

 

4位:きき湯 食塩炭酸湯

2015-01-03_125808
きき湯 食塩炭酸湯 つめかえ用 420g

シュワシュワ炭酸系の入浴剤でよく温まる入浴剤といえば『きき湯』です。身体の温め効果はもちろんですが、筋肉痛や腰痛に効果を実感できるという方がリピしてる事が多いバスアイテムです。

粒々の形状の入浴剤なので、すぐに溶かす事ができつつ、粉ではないので容器の蓋がつまったり汚れたりしにくくなっています。スーパーやコンビニで販売されてる入浴剤の中であったか効果をしっかり実感できる商品が『きき湯』です。

 

3位:温素

2015-01-03_125837
温素 15包

ここ最近、『美人の湯』としてスーパー銭湯でもよく見かける事の多いアルカリ製の泉質のお風呂。温素は、そんなアルカリ性風呂を手軽に自宅で再現する事のできる入浴剤です。

香りは控えめで、無色透明のお風呂。稀に、温泉成分が原因(硫黄等)で普通のお風呂では使えない温泉系の入浴剤も多いなか、 温素は普通に取り扱う事ができるのが嬉しいですね。

 

2位:クナイプ バスソルト ジンジャー&シトラス

2015-01-03_125920
クナイプHB バスソルト ジンジャー&シトラス 600g

ジンジャー(生姜)に、シトラスの柑橘系の香りで身体を温めつつ、スッキリとして気分にもさせてくれる入浴剤です。ドイツ製の入浴剤クナイプは、温め効果と、発汗作用もしっかりとした入浴剤として有名です。

 

1位:るんるんの湯


るんるんの湯

「◯◯温泉」のような記載がある入浴剤は多々ありますが、基本的にはどれも「温泉風」なだけであって、実際の温泉とは別ものです。

そこで、「本物の温泉に限りなく近い入浴剤」を目指して作られたのが るんるんの湯。

日本で唯一ここだけと言われる「別府温泉の湯の花」を配合していて、とろっとしたお湯ざわりでじんわり温まる様子は、本物の温泉に入ってる感覚そのものです。

※ 「湯の花」は温泉地のお土産品にもありますが、浴槽を痛める場合があります。一方、るんるんの湯はイオウ成分は含まれていないため、どのタイプの浴槽でも使えます。

スポンサードサーチ

 

みんながおすすめした『温まる系』の入浴剤はこれ!

▶話題:モデルが愛用する国産エプソムソルト

 

スポンサードサーチ

 

同じカテゴリ「 入浴剤 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ