サウナネタ

サウナで痩せない理由・ダイエット効果のある入り方とは?

219

サウナに行く目的のひとつとして、『汗をたっぷり流して痩せたい』という人は多いはず。運動するより、手軽に汗を流す事ができるサウナは、なんとなく「熱さに耐えてがんばって入れば痩せれる」というイメージもありますが、実際、サウナに「痩せ」の効果は期待できるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

サウナで汗をかくと痩せれる?

サウナでがんばって汗をかいた後に、脱衣所の体重計にのってみると、僅かながらちょっと痩せれているはずです。でもその体重は、しばらくしたらまたすぐに戻ってしまうはず。このように、サウナで汗を流す事で体重が減るのは、一時的に水分が抜けて体重が減ったように感じているだけという状態。

当然、普通に食事をしたり水分をとれば元に戻っていきます。

サウナだけを使って、必死に汗をかいて痩せようと思っても、ただただ水分が失われてるだけ。永続的なダイエット効果は残念ながら期待できません。

 

スポンサードリンク

 

サウナに入ると痩せれる理由

じゃあ、サウナに入って痩せよう!という事がまったくの無駄なのか?というと、そんな事もありません。サウナに入る事で痩せれるとういよりも、サウナに入る事で痩せやすい体質になる 事はできるのです。そこに大きく関わってくるのが「褐色脂肪細胞」というものです。

褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼するほか、エネルギーを放出し体温を上げてくれる働きをしてくれます。つまり、この褐色脂肪細胞がきちんと働いていると、脂肪が燃焼されすくなり、痩せやすい体になるのです!

引用元:日刊アメーバニュース

脂肪という名前がつきながら、痩せるために必要な脂肪という部分がユニーク。褐色脂肪細胞を活発に働かせると痩せやすい体質になれるのですが、褐色脂肪細胞を活発にさせる事ができるのがサウナなのです。

褐色脂肪細胞は主に首回り、肩、背中などに多く存在すると言われてて、「肩まわし」などによるストレッチによって活発にさせるる方法が一般的。そして、より効果的に活性化させるものが「ヒートショックプロテイン」と呼ばれるもの。

これが「サウナに入る事」に関わってきます。

ヒートショックプロテインとは、さまざまな環境ストレスで増加してそのストレスから細胞を防御するたんぱく質のことで、別名「熱ショックタンパク質」「ストレス防御タンパク質」とも呼ばれています。このヒートショックプロテインを増やすためには、
・お風呂(40~42℃のお風呂に10~20分浸かるだけ)に浸かる。
・シャワーで肩甲骨付近に温・冷シャワーを交互にかける。
どちらかを行うだけで褐色脂肪細胞の働きを活性させてくれます。活性化させることで体の回復力も高まり、疲れにくい体づくりが出来ます。
※温度変化にご注意ください。※入浴後には適度な水分補給をしてください。

引用元:インタッチ整骨院

太字の部分に注目すると、やや熱めのお風呂に入る事(サウナのように身体を高温にさらすこと)や、温冷シャワーを交互にかける事(サウナの後に、冷水に浸かる行為)など、ほぼサウナに入る行為そのものが、ヒートショックプロテインを増やす行為であり、結果として褐色脂肪細胞を活性化させている事が分かります。

体内独自の「ヒーター」ともいうべき、褐色脂肪細胞を効率化する仕組みを知れば、無理に我慢してサウナに入り、必死に汗を流すような事もなくなるはずです。

特に男性の場合、まるで「我慢比べ」のようにサウナを利用しがちですが、こと「痩せやすい体質」にするためにサウナを利用する場合、長時間はいるよりも10分程度の入浴で十分である事が分かりますね。

 

スポンサードリンク

 



「同じカテゴリサウナネタ」内の人気記事ランキング



スポンサードリンク


サブコンテンツ