岩盤浴ネタ

初めての岩盤浴・効果を高めるおすすめの入り方

118

岩盤浴ビギナーさんへ。主にスーパー銭湯に併設されている「岩盤浴エリア」の雰囲気や、より効果を高めてくれるおすすめの入り方をまとめました。

 

 

岩盤浴ってどんな雰囲気?

場所によりますが、スーパー銭湯併設タイプの岩盤浴の相場は700~800円程度。

また、入浴料と同額程度に設定しているお店もあります。美容系やエステ等にある岩盤浴と比べると、かなりリーズナブルに利用できる事が特徴

女性だけではなく、男性も利用しやすい雰囲気です。低価格で丸一日過ごせるので、学生カップルのデート場所としても人気!

マンガを持ち込んで岩盤浴を楽しめる施設やロウリュウサービスを実施していたり、色んな楽しみ方が出来ますよ。

 

岩盤浴に行くときの持ち物

岩盤浴プランに必要グッズも含まれているので、絶対に持参しないとダメというものはなし。

ただ、岩盤浴で着用する作業着やタオルを持参すれば料金が安くなる施設もあります。ごく稀なケースです。

基本的に手ぶらでOKと思っていて大丈夫。

 

岩盤浴に入るまでの手順(下着はどうする?)

岩盤浴を利用するには、受付で「岩盤浴はつけますか?」と聞かれたり、自動販売機で岩盤浴がセットになったチケットを購入するパターンが一般的。

岩盤浴内で着用する「岩盤浴着」と、岩盤処の床に敷く大きめのバスタオルの2つを受け取って入場しましょう。

「岩盤浴着」への着替えは、施設のお風呂場内にある更衣室を利用します。

着替える時の注意点として、岩盤浴着は基本的には「ノーパン」推奨だということ。

岩盤浴をしている最中には自分でも驚くほどの汗をかき、びっしょりな状態になるので、下着をつけたままだとかなり酷いことに…

女性の場合でもブラやショーツは付けずに、外して利用する人がほとんどです。

「透けないの?」と心配になりますが、男女ともに厚手の作務衣等を「岩盤浴着」として使っているので、透ける事はありません。

それでもちょっと抵抗ある…という場合は、下着の替えを持参しましょう。ただし、ブラジャーに関してはワイヤーがあるものよりも、締めつけ感の少ないノンワイヤーやスポーツブラで岩盤浴したほうが◎

更衣室で着替えを終えたら、床に敷くタオルを持参して岩盤浴コーナーへ。

岩盤処には簡易的な棚が用意されているので、レンタル時に借りたバッグを持参して持って行ってもOKです。

 

スポンサードサーチ

 

岩盤浴に入る前に水分補給!

岩盤浴に入る前に、まず必ず行っておきたい事が「水分補給をしっかりする」という事。先にお伝えしたように、自分でも驚くほどに汗をかきます。

水分不足の状態で入っては脱水症状にもなりかねないので、近くのドリンクバーや自動販売機等を利用して「毎ペットボトル」を用意しておくようにしましょう。

水分量の目安は、全体のトータルとして750ml程度が目安。

この量を「岩盤浴に入る前」「途中」「入った後」と何回かに分けて飲むようにします。

飲むものは、素早く体内に水分補給できるスポーツドリンク系がおすすめ。こだわりのある岩盤浴処なら岩盤浴を利用する人向けの飲み物もあるので、そんなドリンクを試してみてもいいかも。

ペットボトルは冷たいままに飲めるように、簡易の冷蔵庫が設置されてある事が多く、誰でも自由に使う事ができます。

一緒にマジックペンも置いてあるので、別の利用者と混ざらないように目印をつけておくと完璧!

 

岩盤浴の入り方・手順

岩盤浴の室内は、まっ平らになった床タイプか、2~3センチ程度の岩塩を敷き詰められたタイプの2種類が主流。石の種類によって、様々な雰囲気を楽しむ事ができます。

それぞれの部屋の前には、その部屋が「室温と何の部屋なのか?」が分かるように表示がされています。

まず最初は、体を慣して負担を減らすために低めの温度の部屋から入るのがおすすめ。

部屋の中に入ったら、持参したタオルを自分が試したい寝床に敷きます。あとは、その上にゴロンと転がって、じわじわと汗が出てくるのを体感してみてください。

慣れないうちは、短めの時間で無理のないように短めの時間で入るように。まずは、仰向けになって3分ほど。それが終わったら反対向きになって3分ほど

ある程度、慣れてきたら「うつ伏せの状態で5〜10分ほど」「仰向けの状態でも5〜10分ほど」入って、その後に5〜10分程の休憩時間入れる形。これを3〜4回ほど繰り返しましょう。

遠赤外線の力でじわじわと温熱効果があるので、自分が「焼き魚」になった気分で両面をこんがり焼くようなイメージをしてみて!

 

お風呂と岩盤浴どっちが先?

スーパー銭湯で初めて岩盤浴をするとき、「お風呂が先?それとも岩盤浴から?」と悩みますよね。

好きな方から入ってOKですが、ただし注意点があります。

岩盤浴のプラン内容が「フリー制」それとも「時間制」で大きく異なります。

フリー制であれば、お風呂に入ったあと岩盤浴を楽しみ、またお風呂に入って…と繰り返し何度でも利用できます。

時間制の場合は、40分だけの利用と制限付き。効果的に汗を流すには、前もって体をキレイに洗い、体を温めているといい汗を流せます。

また、サウナと同様にエチケットとして先にお風呂という意見も。じっくり岩盤浴を楽しみたいなら先にお風呂がオススメです。

 

岩盤浴はどんな効果がある?

岩盤浴は、その温熱効果によって様々な効果が期待できます。

お肌つるつる美肌効果

岩盤浴でかく汗は、スポーツ時のベタベタとした汗ではなく、さらさらとした汗である事が特徴的。この汗は「天然の化粧水」とも呼ばれていて、なんと!「自分がかいた汗の力」で美容効果を期待できます。

▶関連:岩盤浴に入ると肌がキレイになる理由・美肌効果の秘密とは? 

デトックス効果

大量の汗をかく事でデトックス効果が期待できそうですが、岩盤浴の新のデトックスは「自律神経の乱れを正す事で便秘を解消するデトックス」の意味合いが強いです。

▶関連:便秘を治しいたいけど岩盤浴に入っても解消効果はない? 

岩盤浴でダイエット

岩盤浴に入っても直接的なダイエット効果は期待できませんが、「痩せやすい体質」にする事ができますよ!

▶関連:岩盤浴で汗をかいて痩せたはウソ・ダイエット効果はないの?

 

スポンサードサーチ

 

同じカテゴリ「 岩盤浴ネタ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ