大阪スーパー銭湯

「空庭温泉」に行ってきた!お風呂やサウナ、休憩室の感想&口コミ

2019年2月26日にオープンしたばかり、弁天町駅直結にある「空庭温泉」に行ってきた感想をまとめました。

気になる料金やお風呂の種類、休憩室、岩盤浴、レストラン等など、実際に感じたことを紹介。お出かけの参考にしてくださいね。

弁天町駅に直結だけど、迷った…

まずビックリしたのが、駅に看板&案内がないこと。環状線の内回りの先頭車両あたりだったせいか、どこの出口で降りたらいいのか正直迷いました。

弁天町の出口は2箇所。「南口」と「北口」があり、空庭温泉は「北口」です。メトロ方面の南口に行き、迷ってしまったので注意してくださいね!

ただ、北口に行っても案内らしきものは一切ありません。環状線内回りであれば後ろの車両に、外回りは先頭車両がベストです。

あと迷わされた原因が、交通博物館があったところに出来たと噂されていたから。これは間違いの情報です。以前「弁天町POOLS」があった跡地にあります。

「こっちで良いのかな…」と不安になりつつ、徒歩5分ほどで到着しますよ。

 

実際に行ってみて分かった!ユーザー目線で考えられている

迷いながらもなんとか到着すると、オープン間もないということもあって入り口にはずら~とお花がありました。

コンセプトである安土桃山の雰囲気が漂うエントランスです。

そこではまず靴を脱ぎ上がります。靴を持って歩いているとスタッフが声をかけてくれ下駄箱へ誘導。

1回目訪れた時は土曜日で、お客さんも結構いたのでお出迎えはありませんでした。

ただ2回目は平日の夜に行くと、お客さんがまばら。入った瞬間から「ようこそお越しくださいました!」と着物スタイルのスタッフがお出迎えしてくれます。丁寧な対応に好感度アップ。

靴を入れた後はカギを持って受付に行きます。

持っていった下駄箱のカギが「リストバンド」になりお財布代わりに。館内ではキャッシュレスで過ごせるのは魅力ですね。

ココならではの事は、館内では私服はNG。全員 館内着で過ごさなくてはなりません。ですので、更衣室は2箇所あります。

受付のあと館内着を選び、そのまま後ろにある更衣室(お支度処)で着替えをするスタイルです。

赤色の三角印が受付した後の位置になります↓

館内着はこんな感じ。この下写真は女性と子供用↓

男性用はこちら↓

どちらも3パターンずつ用意(子どもは2パターン、男女それぞれ1種類で100cm〜)。好きな浴衣をチョイスし、そのまま更衣室へ行きます。

ロッカー指定はされていないので、お好きなロッカーを使ってOKです。とにかく広いので、ゴールデンウェークなどの時でも十分集客出来そうというのが感想。

そして、大きめのロッカーだから、旅行中に訪れても◎。ただし、スーツケースは入りません!

着替えてみて分かったのですが、男性用はノーマルな浴衣ですが、女性の浴衣には工夫がありました。

着崩れしにくいように、セパレートタイプです。ピンクと青色の浴衣は、上がボレロ風で、下がワンピース型。カーキ色は上下が完全にセパレートタイプです。

着やすいのはもちろん、休憩室でゴロゴロする時にも胸元を気にせずに過ごせるもいい。ほかの施設の浴衣もこれにして貰いたいくらい着心地が良かったですよ。

着替えが終わった後、リストバンドがあるので貴重品は持たないにしても、ポーチやスマホを持ち歩きたいですよね。

更衣室の出入り口付近に黒のメッシュバッグが用意されているので、自由に使えるのもいい!

些細なことですが、こういう気遣いがリピーターになるきっかけになります。館内で丸1日過ごす予定なら、靴下を持参すればもっと快適に過ごせそう。

スポンサードサーチ

 

食事処やお土産、お風呂の感想

続いては、「お風呂」の感想です。

お風呂場に行くには、鏡の廊下を抜けてお食事処&お土産屋さんエリアに向かいます。抜けた先にあるエレベーターで5階にあがります。

話が脱線しますが、エレベーターに向かう途中に写真映えするスポットがあるのもポイント!

更衣室から食事処に向かう途中にある「あわせ鏡の廊下」が幻想的な雰囲気でおすすめです。カップルや友達同士で写真を撮るなら絶対にココ。

なんですが、人通りがあると台無しなので、タイミングをみて撮影してくださいね。

話を戻して、お風呂場までの道のりですが、下の写真が食事&お土産エリア。

上写真の「ゆ」と書かれた暖簾の横当たりにエレベーターがあります。とにかく和の雰囲気で、世界観があり外国人が喜びそう。

別で食事をしてからお邪魔したのでレストランは分かりませんが、2階にあるレストランは、2ヶ所。「割烹 浮世亭」と「居酒屋 縄のれん」です。

割烹は御膳が2500円くらいで、居酒屋はノーマルな値段設定。入浴料+食事代と考えると、少し高めです。

混雑時に訪れるとおそらく待ち時間が長くなりそう…。サクッと利用するなら立ち呑みスペースの「角打ち 山善亭」がいいかも。あてをつまみながら日本酒が楽しめるスポットです。

3種類の日本酒にあてがついて千円とリーズナブル。お酒を楽しみながら温泉に入れるのは嬉しいですよね。

お土産はオリジナルのモノが多く、気合が入っているのが分かります。

お茶やお菓子など、どれも可愛いパッケージです。300円のみるく饅頭などもあり、リーズナブルなのも◎。ちょっとしたお土産にピッタリ!

女性へのお土産にはコスメ系で。こちらも充実したラインナップです↓

ぶらぶらショッピングを楽しみながらお風呂場へ。エレベーターが2基だけだったので、混雑時はここで待つかもしれませんね。

2つめの脱衣所も広く、どのロッカーを使用しても◎。入り口にタオルと歯ブラシ、ブラシが設置されているフリースタイルです。

ベビーシートも3台くらいあったので、赤ちゃん連れでも安心。

肝心のお風呂は、入ってすぐに高温サウナがあり、かけ湯、シャワー室が続き、てくてく歩くと洗い場が出てきます。

セパレートになった洗い場やベビーチェアーも完備。シャンプーはKOSEの「ジュテーム」が置いていました。

身体をキレイにした後は、内湯へ。

内湯は全部で3種類。「替わり湯」と「シルク湯」「庭見風呂」です。どの浴槽も広すぎず丁度いいサイズ。40度くらいのお湯なので、子どもでも入りやすいお風呂です。

中庭には「炭酸泉」があります。15人くらい入れる大きさで、炭酸もしっかり。38度くらいの温度だから、のんびり入りたいお風呂です。

他にもジェットバスや寝湯も入れそうですが、オープン間もなくこのエリアはまだでした。その先にミストサウナ(女湯のみ)があり、お風呂はこんな感じ。

メインはやはり庭見風呂でしょうか。夜に行ったので一切景色は見えなかったのですが、昼間なら庭が見てて開放感がでるのかな…。

期待はしていないけど、至って普通のスパ銭のお風呂のラインナップというのが正直の感想です。

また、女湯と男湯の違いも大きいみたい。女湯は水サーバーが出入り口にあるけど、男湯にはなし。ドライヤーの数も男性は7個くらい、一方女性は20個近くあります。

女性目線ではいいけど、水サーバーくらいは男性エリアに置いてもほしい。

あと気になったのは、お風呂場の通路の汚れです。

タオルのカス?みたいなものなどが、ちょこちょこ落ちていて、掃除してほしいと思うくらい。仕方なしに通りますが、これはなるべく早めに改善してほしい項目です。

 

休憩室や足湯、庭の感想

ここの目玉である「庭」には、足湯があったり、池、鳥居、弁天宮など、散歩コースにおすすめです。ですが、行き方がちょっと難しいかも。

下の写真を見ても分からないかもしれませんが、「お風呂場の脱衣所から行く方法」と、「家族風呂に行くエレベーターから行く方法」の2パターンあります。

お風呂上がりに行くなら断然 脱衣所コースがおすすめ。お風呂前に行くなら貸切風呂に行くエレベーターで。

専用の下駄があり、足湯のタオルも設置されています。寒い時用の羽織「はんてん」も。

散策といっても5分ほどで回れる大きさです。足湯からの眺めが最高で思わず写真をパシャリっと撮影している人もチラホラ。昼間もいいですが、夜のライトアップは幻想的です。一緒に入れないカップル向けですね。

鳥居前には自動撮影カメラがあり、QRコードをかざせばツーショット写真が撮影できるサービスも。

でも、このスペースをもっと有効に使えたのではと疑問に残るスペースでしたが、カップルには良い雰囲気です。

さてさて次は休憩室。2階と3階にそれぞれあります

2階はカウチソファーエリアなので、カップルにおすすめ。3階は女性専用のリクライナーとブックエリア、男女共用のリクライナーエリアの3箇所です。

ブックエリアは約5,000冊くらい↓

女性エリアの様子はこんな感じ↓

テレビ付きではないですが、30席以上はある広々としたお部屋でした。一方、男女共用はテレビ付きのリクライナーも完備。

ただ、部屋全体は暗めの照明です。漫画を読むというより、仮眠におすすめです。(ひざ掛けもありました!)

 

気になる入浴料とお店の詳細情報

公式HPhttps://www.solaniwa.com/
入浴料平日は大人:2,400円/子供(4〜12歳):1,200円
土日祝は大人:2,600円/子供:1,300円
朝風呂(6〜9時)は大人:1,200円(土日祝1,300円)/子供:600円(土日祝650円)
岩盤浴は大人1,000円(土日祝1,200円)
家族風呂は7,000円(2時間)
深夜料金割増料(深夜1〜6時)は平日:2,000円/土日祝:2,200円
特定日の料金あり
泉質単純温泉/かけ流し
お風呂絹湯風呂/炭酸風呂/替り風呂/庭見風呂/源泉風呂/露天風呂/水風呂/個室家族風呂/足湯/高熱房(サウナ)/霧之湯房(サウナ)
岩盤フロア南蛮房/神宮房/川床房/坪庭房/清流房/座敷房/岩盤ドリンク
館内施設ボディケア/ストレッチ/フットケア/部分強化コース/タイ古式セラピー/超音波フェイス創顔/3D小顔セラピー/神熱デトックスオイル/代謝アップスリミング/ヘアセット/あかすり/割烹 浮世亭/角打ち 山善亭/茶店 小町茶屋/SAKE 鴻池山中屋/銘菓 空庭菓匠
営業時間11:00~翌9:00
アクセス大阪環状線「弁天町駅」より連絡通路(北口)直結

天然温泉を汲み上げるポンプの不具合により、入れないお風呂があり只今1,000円引きで利用できます。土日に行ったので1,600円で利用したのですが、それであれば十分満足できる内容でした。

ですが、本来の値段での利用となると、ちょっと高いというのが本音。

→3月中旬ごろに復帰して、3種類の露天風呂、岩盤浴、家族風呂も開始しています。千円引きがなくなり、通常料金です。

ですが、今までにない雰囲気が高評価に。

学生の春休みと重なり、友達同士やカップルでの利用が増えています。

日曜日は、食事処では50組以上の待ちや、岩盤浴も大混雑、庭園は下駄が足らない事態に…。行ってみようかなという人は平日がオススメです。

GWやお盆、お正月の期間中はかなりの混雑がありそうですが、雨の日にお風呂でのんびり過ごしたい時や、ゆっくりデートをしたい場合に便利なスポットです。

スポンサードサーチ

 

空庭温泉の口コミ

スポンサードサーチ

大阪のスーパー銭湯情報

大阪のスーパー銭湯マップ&一覧表

スーパー銭湯の一覧マップでは、温泉の有無と口コミ評価をベースにして色分けしてアイコンで表示。一覧表では、各スーパー銭湯の詳細情報を並び替えて確認できます。

場所名前口コミ評価口コミの量温泉岩盤浴公式
大阪市此花区一休7.43.0公式
大阪市浪速区太平のゆ なんば店7.82.9公式
大阪市浪速区スパワールド8.09.9公式
大阪市浪速区スパディオ7.41.1公式
大阪市東成区延羽の湯 鶴橋店8.04.3公式
大阪市鶴見区鶴見緑地湯元 水春7.41.9公式
大阪市住之江区スパスミノエ8.25.5公式
大阪市住之江区くつろぎの里 湯楽7.62.0公式
大阪市北区なにわの湯8.08.4女性公式
東大阪市極楽湯 東大阪店7.60.5公式
東大阪市ユーバス 高井田店7.61.6公式
東大阪市風の湯 新石切店7.20.5公式
八尾市八尾おゆば7.41.3女性公式
八尾市八尾温泉 喜多の湯新店新店公式
枚方市スパバレイ枚方南7.21.5公式
枚方市極楽湯 枚方店7.42.0公式
寝屋川市湯快のゆ 寝屋川店7.21.7公式
寝屋川市東香里湯元 水春8.02.4公式
四條畷市畷の里温泉7.21.3公式
守口市ユーバス 守口店70.9公式
門真市ゆの蔵7.61.0公式
門真市湯快のゆ 門真店7.61.6公式
高槻市祥風苑8.22.6公式
高槻市天神の湯7.40.6公式
豊中市あるごの湯7.62.1公式
茨木市すみれの湯7.82.7公式
茨木市極楽湯 茨木店71.3公式
吹田市万博おゆば7.41.7公式
吹田市極楽湯 吹田店7.61.5公式
箕面市箕面湯本 水春7.81.5公式
箕面市箕面温泉スパーガーデン7.88.8公式
堺市堺浜楽天温泉 祥福7.62.9公式
堺市さらさのゆ8.02.0公式
堺市ユーバス 堺浜寺店70.7公式
堺市祥福の湯7.81.3公式
堺市千寿の湯7.41.1公式
堺市スパリフレ7.61.0公式
堺市極楽湯 堺泉北店71.1公式
富田林市Book&Spa uguisu7.41.0公式
河内長野市風の湯 河内長野店7.40.9公式
羽曳野市延羽の湯 羽曳野店8.23.1公式
羽曳野市華の湯7.60.8公式
狭山市スパヒルズ70.8公式
狭山市虹の湯 狭山店8.02.0公式
和泉北郡太平のゆ 忠岡店7.60.5公式
貝塚市美笹のゆ7.61.4公式
貝塚市虹の湯 二色の浜店7.41.0公式
泉佐野市りんくうの湯7.80.9公式
阪南市平野台の湯 安庵7.80.9公式

大阪のスーパー銭湯おすすめ記事

大阪のスーパー銭湯について書いた記事の中で、特によく読まれているおすすめの記事を紹介します。

大阪環状線近くのスーパー銭湯大阪の24時間営業スーパー銭湯
大阪の日帰り温泉とスーパー銭湯大阪USJ近くのスーパー銭湯

スポンサードサーチ

同じカテゴリ「 大阪スーパー銭湯 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ