大阪スーパー銭湯

大阪スーパー銭湯/上方温泉一休・此花行ってきた!感想&体験記

大阪市の此花区にある「上方温泉一休・此花店」に行ってきました。

2020年3月にリニューアルしてパワーアップ。実際に行った感想&体験記をまとめています。

 

【上方温泉一休・此花店】の基本情報&マップ

公式HP http://www.onsen19.com/
入浴料 大人:750円/小人:400円
大人:850円/小人:450円 (土日祝)
泉質 単純温泉/源泉そのまま(加温&加水なし)&かけ流し
お風呂 木の湯:露天風呂/樽風呂/内風呂/うたせ湯/電気風呂/高濃度炭酸泉/水風呂
石の湯:露天風呂/つぼ湯/陶器風呂/岩くりぬき湯/座り湯/水風呂
※木の湯、石の湯は男女入れ替え制
サウナ 蒸気風呂(サウナ)/赤釜風呂(サウナ)
館内施設 食事処/マッサージ/休憩コーナー/ヘアカット(※1200円、駐輪場の横にあります)
営業時間 10:00~翌2:00
アクセス JR環状線「西九条駅」からシャトルバス
USJからは「ホテル京阪」「ホテル近鉄」からシャトルバス有り
詳しくは「送迎バス時刻表」にて

「一休 此花店」のホームページをみても値段の記載はなし。

今のところ値段は大人750円、小学生400円、未就学児は無料です。

訪れる際は注意して下さいね。

クーポンを使うと大人のみ100円引きです。⇒【一休のクーポン】はこちら。

通常は自販機でチケットを購入しますが、クーポンを使う場合は受付で画面or印刷したクーポンを提示して下さいね。

チケット販売機はコレ↓

クーポンを使う場合は、ここをスルーして受付に直行しましょう↓

コロナ時期に訪れたので、アルコール消毒、体温測定を実施しました。

購入したチケットはここで渡します。

この受付を左に行くとお風呂場、右に行くと食事処です。

今はコロナの影響で営業時間が変更しています。訪れる際はご注意あれ!

スポンサードサーチ

 

 

「上方温泉一休」はこんな感じ

内湯&露天風呂

上方温泉一休は天然温泉に入れるスーパー銭湯です。

湯の花漂う、良質な温泉です。

2020年3月にリニューアルして、今までになかった「炭酸泉」と「電気風呂」が登場しました

お風呂は今まで通り「木のゆ」と「石のゆ」の2種類です。

リニューアル後に新しくなったポイントは、

  • 脱衣所が広くなった
  • 「電気風呂」と「炭酸泉」

お風呂場に関してはこの2つ。(洗い場もキレイになったかも…)

天然温泉がメインのお風呂です。

というか全部の浴槽で使用しています。(炭酸泉も源泉のお湯。)

「木のゆ」と「石のゆ」は偶数日と奇数日でそれぞれ入れ替え制です。

どちらも純和風のお風呂で、大きな違いはそこまでなし。

しいて言うなら「つぼ湯」が陶器か樽、「蒸し風呂(サウナ)」か「赤釜風呂(サウナ)」の違いだけです。

内湯は洗い場(12箇所くらい)と電気風呂(弱が2箇所、強が2箇所、腰のみ)と炭酸泉、バブル風呂(ぬる湯)水風呂、サウナ。

露天風呂は岩風呂2箇所、つぼ湯(樽)、くり抜き岩風呂、陶器風呂、サウナがあります。

お風呂自体はコンパクトですが内湯の窓をオープン。露天風呂と一体感を出して開放感がありますね。

土日祝、夕方などは混雑しそうですが、時間帯を外せばゆっくり過ごせるはず。

サウナ

内湯と露天風呂にそれぞれ1箇所ずつあります。

「木のゆ」には蒸気風呂と赤釜風呂。「石のゆ」はどちらも蒸気風呂です。

今はコロナの影響で、1つの部屋に人数制限がありました。定員は6名で、もし6名入っていれば、外にある椅子で順番を待つスタイルです。

筆者が訪れた時は、外で待つ人はなし。

食事処

何度か訪れたコトがあったのですが、今まで中国人等の海外からの観光客が多い施設でした。

ごはん屋さんもごっちゃ返し…というイメージでしたが、リニューアルしてキレイになりました。

テーブル席、座敷も完備。食事処スペースも広くなりましたね。

メニューも新しくなったはず。

美味しそうなメニューがズラリと並んでいました。この日は食べませんでしたが…。

御膳や定食、丼モノもあります。

お子様メニューや甘味処もちゃんと抑えていますね。

休憩室

施設自体がかなりコンパクトな施設。

休憩室は2階にありますが16畳スペースのみです。

コロナの影響でガラガラでしたが、土日祝はここもいっぱい。

雑魚寝する人も結構います。

14〜16インチくらいのテレビ1台と新聞が4つあるだけです。

ここのスペースの前には、有料のマッサージチェアが5台と奥にマッサージができます。

ここは混雑していても結構ガラガラです。

あと1階にもドリンクコーナー&喫煙スペースがあります。

ゆっくり休憩する場所というよりは待ち合わせスポット。

お風呂をチャチャッと入るだけの施設ですね。

駐車場&駐輪場

大阪の西エリアにある「上方温泉一休」です。

駅からは遠いので、シャトルバスもしくは車で訪れるのがおすすめ。

無料シャトルバスの運行はこちら↓

西九条方面、ユニバーサル方面から出ています。

駐車スペースはこんな感じです↓

あとココは駐輪場もバッチリ↓

自転車だけでなくバイクで訪れるスポットです。

ちなみにレンタル電動自転車コーナーもありました。

USJからの人向けなんでしょうか?

よくわからないですが、福島エリアにお出かけも可能です。

スポンサードサーチ

 

行ってきた感想

お風呂は一度外に出ると再入場もできない仕組み。

「一日楽しむスーパー銭湯」ではなく、「さくっとお風呂に入るためのスーパー銭湯」という使い方が正解です。

営業時間は10時〜深夜2時で、USJにも近く無料シャトルバスも出ています

どの浴槽も天然温泉なので、テーマパークで疲れた時に身体を癒やすのにはピッタリですね。

ちなみに貴重品用のロッカーは受付にあります。

特に声掛けなどはなく、たまたま常連さんが預けているのを発見。よくみたら受付の左奥に貴重品用のロッカーが12個ほどありました。

盗難が気になる方は必ずここで預かって貰って下さいね。

▶関連:usj付近や近い場所の大阪市内おすすめ温泉とスーパー銭湯は?

 

上方温泉一休・此花の個人的評価

・お風呂の広さ  ★★★☆☆
・お風呂の充実度  ★★★☆☆
・施設の広さ ★★☆☆☆
・施設の充実度 ★★★☆☆
・1日過ごせる? お風呂が再入場不可なので1時間程度が限界。
・ご飯は美味しい? 普通に美味しいです。
・また行きたい? 「USJ 帰り」に最適!
・総合評価 ★★★☆☆

スポンサードサーチ

 

上方温泉一休・此花の口コミ

スポンサードサーチ

 

大阪のスーパー銭湯情報

大阪のスーパー銭湯マップ&一覧表

スーパー銭湯の一覧マップでは、温泉の有無と口コミ評価をベースにして色分けしてアイコンで表示。一覧表では、各スーパー銭湯の詳細情報を並び替えて確認できます。

場所名前口コミ評価口コミの量温泉岩盤浴公式
大阪市此花区一休7.43.0公式
大阪市港区空庭温泉OSKA BAY TOWER7.83.0公式
大阪市浪速区太平のゆ なんば店7.82.9公式
大阪市浪速区スパワールド8.09.9公式
大阪市浪速区スパディオ7.41.1公式
大阪市東成区延羽の湯 鶴橋店8.04.3公式
大阪市鶴見区鶴見緑地湯元 水春7.41.9公式
大阪市住之江区スパスミノエ8.25.5公式
大阪市住之江区くつろぎの里 湯楽7.62.0公式
大阪市北区なにわの湯8.08.4女性公式
東大阪市極楽湯 東大阪店7.60.5公式
東大阪市ユーバス 高井田店7.61.6公式
東大阪市風の湯 新石切店7.20.5公式
八尾市八尾おゆば7.41.3女性公式
八尾市八尾温泉 喜多の湯新店新店公式
枚方市スパバレイ枚方南7.21.5公式
枚方市極楽湯 枚方店7.42.0公式
寝屋川市湯快のゆ 寝屋川店7.21.7公式
寝屋川市東香里湯元 水春8.02.4公式
四條畷市畷の里温泉7.21.3公式
守口市ユーバス 守口店70.9公式
門真市ゆの蔵7.61.0公式
門真市湯快のゆ 門真店7.61.6公式
高槻市祥風苑8.22.6公式
高槻市天神の湯7.40.6公式
豊中市あるごの湯7.62.1公式
茨木市すみれの湯7.82.7公式
茨木市極楽湯 茨木店71.3公式
吹田市万博おゆば7.41.7公式
吹田市極楽湯 吹田店7.61.5公式
箕面市箕面湯本 水春7.81.5公式
箕面市箕面温泉スパーガーデン7.88.8公式
堺市堺浜楽天温泉 祥福7.62.9公式
堺市さらさのゆ8.02.0公式
堺市ユーバス 堺浜寺店70.7公式
堺市祥福の湯7.81.3公式
堺市千寿の湯7.41.1公式
堺市スパリフレ7.61.0公式
堺市極楽湯 堺泉北店71.1公式
富田林市Book&Spa uguisu7.41.0公式
河内長野市風の湯 河内長野店7.40.9公式
羽曳野市延羽の湯 羽曳野店8.23.1公式
羽曳野市華の湯7.60.8公式
狭山市スパヒルズ70.8公式
狭山市虹の湯 狭山店
8.02.0公式
和泉北郡太平のゆ 忠岡店7.60.5公式
貝塚市美笹のゆ7.61.4公式
貝塚市虹の湯 二色の浜店7.41.0公式
泉佐野市りんくうの湯7.80.9公式
阪南市平野台の湯 安庵7.80.9公式

大阪のスーパー銭湯おすすめ記事

大阪のスーパー銭湯について書いた記事の中で、特によく読まれているおすすめの記事を紹介します。

大阪環状線近くのスーパー銭湯 大阪の24時間営業スーパー銭湯
大阪の日帰り温泉とスーパー銭湯 大阪USJ近くのスーパー銭湯

スポンサードサーチ

同じカテゴリ「 大阪スーパー銭湯 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ