サウナネタ

サウナ前と後におすすめの飲み物は?水分補給のタイミング

221

サウナやお風呂で汗をかいた後に飲むビールは特別に美味しく感じやすいもの。ですが、身体には負担をかけてしまっているかもしれません。

サウナに入る時におすすめの飲み物と、できればサウナ前に飲まない方がいい飲み物。また、飲むタイミングについてまとめました。

 

サウナ後のビールは危険!

しっかり汗も流して、極限まで喉もカラカラ。こんな時にキンキンに冷えたビールを飲む事は至福の瞬間ですよね。

ただ、「水分補給」の目的で、サウナ後にアルコールを摂取してしまう事は完全にNG行為です。

アルコールには「強力な利尿作用」があるので、水分補給どころか、むしろ水分がどんどん失われていきます。

まして、サウナで汗を流してもともとの水分量が減ってる状態。さらに追い打ちをかけるように水分を減らすような事は、身体に大きな負担をかけてしまう行為と言えます。

「お酒を飲んだらサウナに入らないで!」のような看板や案内があるのは、この事が理由。

どうしても、お酒を飲みたい場合には、せめて「飲んだお酒」と同量のアルコールではない水分をしっかり補給した方が良いでしょう。

ちなみに「利尿作用」という部分に注目するなら、利尿作用の強い「緑茶」や「紅茶」などもサウナ前後の飲み物としてはおすすめできません。

スポンサードリンク

 

サウナ後の牛乳は?

日本では「銭湯文化」の影響もり、お風呂上りにぐいっ!と牛乳を飲む事が多いはず。

「牛乳を飲む事」の身体への影響・効果は次のようなものがあります。

  • 安心して寝れる
  • 貧血対策
  • 肌の乾燥予防
  • 熱中症対策

牛乳のカルシウムの成分が筋肉の疲れをとり神経の興奮を抑えて眠りやすくする。鉄分を補給する事で貧血対策になる。ビタミンAの作用により乾燥肌を防いでくれる。肝臓の働きが良くなる事で血液中の水分量が増えるため、熱中症対策にもなります。

熱中症対策等の理由を踏まえると、一見サウナ後に良さそうに思えますが、実際には「 日々牛乳を飲み続ける事で熱中症に強い体質になる」ということ。

なので、たまにサウナを利用する時だけ牛乳を飲む程度では、この効果は期待できません。

サウナ前後の飲み物の大きな目的は「汗で流れた水分補給」が目的です。その観点で注目してみると、牛乳には多くの栄養成分が含まれるがために、消化吸収にも時間がかかり「 食べ物を食べてる」事に近い状態とも言えます。

ですので、これもまたサウナ時の飲み物としてはおすすめできません。

 

だからスポーツドリンクがおすすめ

もともとスポーツドリンクは、素早く水分補給しやすいように作られているもの。当然、サウナ前後の飲み物としては最も最適と言えます。

飲むタイミングは、サウナから出た後はもちろん、できればサウナに入る前にもスポーツドリンクを少し飲んでから入るようにするのがベスト。

これは「喉が渇いた!」と感じてる状態で一気に水分補給をしてしまうと、胃液を薄める事で消化不良を起こしがちになってしまい、余計にバテてしまう事が理由です。

岩盤浴などでもそうですが、1回150~200mlほどの量をサウナに入る前後や、長く入る時には途中でも少しつづ飲みながら、小分けで補給していく方法がおすすめです。

スポンサードリンク

 

同じカテゴリ「 サウナネタ 」内のおすすめ記事



スポンサードリンク


サブコンテンツ